The 60th Congress of the Kinki Physical Therapy in OSAKA

第60回近畿理学療法学術大会

演題募集▷ ページを更新する

本稿に記載された演題募集要項や大会ホームページで随時案内される内容を熟読した上で登録に臨んでください.

本要項を読まなかったことによるトラブルについては,一切責任を負いませんのでご了承いただきますようお願いいたします.

オンライン登録

■ 演題募集期間

※ 募集を終了しました。ご登録ありがとうございました。

97日(月) 正午

2020年71日(水) ~ 8月31日(月) 正午

■ オンライン登録はこちら
  • 新規登録画面へ
  • 確認・修正画面へ

Ⅰ.応募資格

【一般演題】

筆頭演者は,公益社団法人日本理学療法士協会(以下,協会)の会員に限ります(協会会員ではない理学療法士の方は,事前に入会手続きお済ませください).

※本年4月に理学療法士免許を取得された方は,演題登録までに必ず入会手続きをお済ませください.

※共同演者については,会員である必要はありません.

Ⅱ.募集期間(期間厳守)

2020年7月1日(水) ~ 8月31日(月)正午

※早めの演題登録にご協力お願いします.

Ⅲ.応募方法

  • 演題応募はインターネットを利用したオンライン登録のみです.これは外部業者のシステムを利用して行います.協会の演題登録システムとは異なりますのでご注意ください.各種スマートフォン,および iPad などの携帯端末からの動作は保証していません.必ず PC 環境からの登録をお願いします.
  • 演題登録は,大会ホームページの演題登録タブからお願いします.初めにご自分のメールアドレスを登録してください.登録されたメールアドレスへ演題登録画面の URLを記載したメールが送信されます.演題登録期間中は確認修正画面から何回でも演題の修正や確認ができます.なお,その際には受付番号と登録時に自分で決めたパスワードが必要です.
  • 所属施設名は省略形を用いない最も短い表記を心掛けてください.また,可能な限り法人名(医療法人〇〇会など)ならびに部署名を省略いただくとともに,同部署から複数の演題を登録する場合は,同一の施設名称に統一してください.
  • 登録締め切り間際は,アクセス集中によりサーバ処理能力が低下する場合があります.そのため,登録に時間を要す,あるいは登録が完了できないといった事態が生じることが予想されます.余裕をもって登録していただくとともに登録情報の十分な確認をお願いします.
  • 演題募集要項と大会ホームページを熟読の上,登録してください.注意事項を読まなかったことによるトラブルについては,一切責任を負えません.
  • その他,諸連絡は大会ホームページ上で行いますので,定期的にご確認ください.
  • フリーメールの場合は,演題システムから送信されるメールが迷惑メールと判断される場合がありますのでご注意ください.
  • 登録完了通知は,演題登録の際に入力されたメールアドレスに自動送信されます.メールには受付番号とパスワードが記載されています.演題の確認や修正に必要 ですのでこのメールは大切に保管してください.

Ⅳ.演題登録方法

  • 筆頭演者は,氏名,所属,郵便番号,住所,電話番号,FAX番号,メールアドレスを入力してください.
  • 共同演者は,氏名,ふりがな,所属,職種,理学療法士の場合は協会の会員番号を入力してください.
    ※演者数は,筆頭演者を含めて最大10名までとしてください.
  • 希望発表形式及び発表領域:一般演題の発表形式は以下の設定を想定しています.
    口述発表
    • グランキューブ会場での口述発表
    • ビデオ会議システムまたはライブ配信を利用した口述発表(web開催)
    • パワーポイントに発表音声を録音したものを動画として大会ホームページ上でオンデマンド視聴する方式等(web開催)
    ポスター発表
    • グランキューブ会場でのポスター発表
    • 大会ホームページ上でデジタルポスターとして閲覧等(web開催)
    演題登録システムでは「口述」もしくは「ポスター」の希望選択していただきますが、上記想定された発表形式に同意される場合のみ、演題登録していただきますようお願い致します.
    ※発表形式及び発表領域についての最終決定は2020年11月中に大会準備委員会が行います.
    発表形式については採択されました演題の演者の方へ12月に通知予定です.
    募集状況によっては希望と変更となる場合がございますことを,予めご了承のうえご応募ください.
    なお、会場での発表形式の詳細は,下記<Ⅸ.発表形式について>を参照してください.
    Web開催に決定した際の詳細は改めて大会ホームページにてご連絡いたします.
  • 発表領域は第二希望までを必ず選択(重複不可)してください.発表領域は以下の通りです.
    • ① 基礎理学療法
    • ② 神経理学療法
    • ③ 運動器理学療法
    • ④ 内部障害理学療法
    • ⑤ 生活環境支援理学療法
    • ⑥ 物理療法
    • ⑦ 教育・管理理学療法
  • 発表演題の抄録:演題名,キーワード3つ,抄録の本文.
    ※抄録につきましては,<Ⅷ.抄録作成要領について>に従って作成してください.

Ⅴ.応募上の注意点

  • 応募された演題と大会当日の発表内容が大幅に変わることのないようにしてください.
  • 筆頭演者としての応募は1 人1 演題に限ります.
  • 演題応募にあたっては,共同演者の了解を得た上で応募してください.なお,共同演者も筆頭演者と同等の責任を負うことをご承知おきください.
  • 内容の類似している演題および他学会や雑誌等で発表済みである演題の応募は出来ません.
  • 本文中の研究対象にとって不利になるような属性(人名,施設名)は記載しないようご注意ください.
  • 抄録および大会誌に関する著作権(注)は,協会近畿ブロックに帰属し,抄録はオンライン公開されます.
    (注) ここでいう著作権とは「翻訳権,翻案権等(著作権法第27条)」ならびに「二次的著作物の利用に関する原著作者の権利(著作権法第28条)」のことです.なお,原著者の権利は法に基づいて保護されており,協会近畿ブロックへの著作権帰属によって原著者の権利が制限または侵害されることはありません.

Ⅵ.応募演題に関する倫理上の注意点

ヘルシンキ宣言に沿った研究であることをご確認ください.特に,プライバシーの侵害や人体に影響を与える研究に関しては,対象者に説明と同意を得たことを本文中に明記してください.また,レントゲン撮影や侵襲を伴う研究方法がなされた場合は,抄録中にそれを実際に施行した人の職種を明記してください.なお,演者の所属する機関の倫理委員会で承認された研究である場合は,その旨を抄録中に記載してください.倫理に関する記載がない場合は,演題応募は出来ません.

「ヘルシンキ宣言詳細」(必ずご一読ください)
http://dl.med.or.jp/dl-med/wma/helsinki2013j.pdf

Ⅶ.演題審査

  • 演題の採択は,大会準備委員会が定めた演題審査委員(査読者)による審査結果を参考に大会長が決定します.
  • 発表領域および発表形式につきましては,審査結果ならびにタイムテーブルを勘案し大会長が決定します.ご了承ください.
  • 審査結果は演題登録で入力されたメールアドレス宛に通知いたします.
  • 採択された演題の抄録はWebにて公開いたします.
  • 演題審査結果の通知は,2020年12月を予定しています.また,採択された演題の取り消しはできません.

Ⅷ.抄録作成要領について

  • 演題名についての注意点
    演題名は50字以内とします.
  • 抄録の体裁
    • 1)
      一般発表演題の抄録は【目的】【方法】【説明と同意】【結果】【考察】【理学療法学研究としての意義】の6項目に,症例報告の抄録は【目的】【症例紹介】【説明と同意】【経過】【考察】【理学療法研究としての意義】の6項目に構造化し入力してください.
    • 2)
      文字数は全角換算(半角英数字は1文字に換算)で,1,950文字以内とします. 図表は入れることは出来ません.カタカナや記号は全角で入力してください.
    • 3)
      文字装飾の種類は,太文字・イタリック文字・アンダーライン・上付き文字・下付き文字の5種類とします.
    • 4)
      抄録作成および本大会のすべてのセッションにおいて,「訓練」は学術用語としては相応しくないとの判断からその使用を自粛してください.
  • キーワードについての注意点
    キーワードは3つとし,リハビリテーション関連の用語集等を参照の上,必ず単語一語で入力してください.

Ⅸ.発表形式について

【利益相反(COI)について】

当日の発表時に利益相反についての情報開示をお願いします.口述発表の場合は,最初に利益相反自己申告に関するスライドを加えてください.ポスター発表の場合は,最後に開示ください.スライドの内容は,「演題名」,「演者名及び所属」,「利益相反開示内容(例:本演題に関連して,筆頭著者に開示すべき利益相反はありません.)」を記載してください.また下記をご参照ください.

http://www.japanpt.or.jp/upload/jspt/obj/files/shinsa/coi_slide_sample.pdf

  • 口述発表
    • 1)
      発表用スライドは以下の内容を確認した上で作成してください.
      • ①Windows版Microsoft PowerPointで拡張子「.pptx」形式で作成してください.
      • ②枚数制限はありませんが,発表時間に収まるように注意してください.
      • ③スライドのデザインや背景が複雑な場合,投写時に問題が生じる場合がありますので,ご注意ください.
      • ④予め作成したパソコンとは別のパソコンで動作確認した上でお持ちください.
      • ⑤発表用ファイルの入った電子媒体(USB等)はウィルス対策を行ってください.
    • 2)
      発表時間・ファイルの持ち込み方法・操作などについては,改めて大会ホームページにてご連絡いたします.
    • 3)
      当日使用するコンピュータ(Windows)は大会準備委員会で準備いたします.なお,動画は使用出来ませんので,予めご了承ください.
    • 4)
      発表内容が抄録と相違ないよう注意してください.
  • ポスター発表
    • 1)
      演者はポスター掲示・撤去時間にポスターの掲示・撤去を行ってください.
    • 2)
      演題名・所属・演者名を書いた20cm×70cmの用紙は各自でご準備ください.
    • 3)
      演者はセッション開始予定時刻の10分前にはご自身のポスターパネルの前で待機してください.発表は座長の指示に従ってください.
    • 4)
      発表時間については,改めて大会ホームページにてご連絡いたします.
    • 5)
      ポスターの作成要領
      • ①ポスターの掲示面積(本文・図表)は,演題番号の部分を除き縦160 ㎝×横 90 ㎝です.
      • ②演題名・所属・氏名等は,縦20㎝×横70㎝以内で作成してください.
      • ③演題番号は大会準備委員会で用意します.
      • ④パネルに直接の書き込みや糊付けは行わず,大会準備委員会が用意したポスター画鋲で止めてください.
    • 6)
      発表内容が抄録と相違ないよう注意してください.

Ⅹ.お問い合わせ

<演題募集に関する問い合わせ先>

お問合わせは,下記メールアドレスにお願いいたします.

第60回近畿理学療法学術大会 事務局 kinki60@pt-osk.or.jp

件名は「第60回近畿理学療法学術大会演題募集に関する問い合わせ」と 記載してください.電話およびFAXでの問い合わせはご遠慮ください.

<システムについてのお問い合わせ先>

※演題登録システムに関する技術的な問い合わせはこちらになります.

株式会社セカンド

〒862-0950 熊本市中央区水前寺4丁目39-11
TEL:096-382-7793
FAX:096-386-2025
E-mail:kinki@secand.jp

LINEの友だちを追加

開催会場

グランキューブ大阪
(大阪府立国際会議場)
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51

事務局

第60回近畿理学療法学術大会 事務局
〒540-0028
大阪市中央区常盤町1-4-12
常磐セントラルビル301号
一般社団法人
大阪府理学療法士会
生涯学習センター内
TEL:06-6942-7233
FAX:06-6942-7211
E-mail:kinki60@pt-osk.or.jp
arrow_upward

トップ